株式会社 京 藤十郎不動産

京都市で不動産売却を承る際に相続した物件の売却相談を受け付けております

お問い合わせはこちら 売却査定はこちら

相続

物件の引き継ぎが決定した際の注意点

INHERITANCE

近年は、団塊世代の方々が75歳に近くなることで、不動産バブルに沸いていた当時購入した物件を遺されていくことで不動産を相続することになるケースも徐々に増えてきています。その際に注意が必要なのが、「住宅資産を引き継ぐ方が二名以上いらっしゃる場合にどう分割するか」「空き家となってしまって固定資産税の出費がかさんでしまう」の二点であるため、この注意点の売却による解決を京都市でサポートしております。


複数人で引き継ぐ際に現金化で公平性を

もし住宅がケーキのように気軽に切り分けて均等に分割できるものだったとしたら、相続人が複数人いらっしゃってもさほど大きな問題にはならないでしょう。しかしながら、現実はそうはいかず、かなり高い資産である不動産を誰が引き継ぐかで揉めてしまい、最悪仲の良かった家族が険悪になって生涯の生き別れになってしまうといったケースもございます。そのような悲しい結果にならないよう、公平に不動産を引き継ぐ方法の一つとして、京都市で売却して現金化するといったものをご提案し、細かい手続きや税金問題などをフォローいたします。

空き家問題での固定資産税支払いを回避

中には相続した不動産を、誰も住むことなくそのまま所有しておく方もいらっしゃいます。しかしながら、近年はこの空き家が増えていることが社会問題となっており、その原因の一つが「住宅用地の特例措置」です。住宅用物件と土地の固定資産税が最大1/6まで減額される制度ですが税制改革がなされ、特定空き家に指定された場合はこの減額が受けられなくなってしまいます。固定資産税の支払いがなんと4倍に膨れ上がったり、罰金等が発生したりすることもあるため、そうなる前に京都市で空き家をスムーズに売却するお手伝いを承ります。

会社概要

OFFICE

株式会社 京 藤十郎不動産

電話番号
075-746-6270
FAX番号
075-746-6277
所在地
〒604-8084
京都府京都市中京区福長町107-2 グランドール滝川501号
営業時間
10:00 〜 18:00
定休日
水曜日・日曜日・祝日

スムーズに住宅の引き継ぎを完了する

不動産という高い資産を相続することには、税金がかかったりどのように複数人で分割するかといった話し合いが難航したり、このように多様な問題が発生するリスクがございます。このような問題をよりスムーズに解決して資産の引き継ぎを完了するために、京都市で売却して現金化するといった方法でサポートしております。発生する税金の控除を受けて減額しつつ、現金化することで公平に資産分与できるようお助けします。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。